A THING / もの

Part 1

Water – where things are born
Land – where wild things are
Sky – where things go back

Collective truth in silence — images/ memories/ words about ‘things’ just as they are, to acknowledge where we came from and where we shall go.

 

みず ものがうまれるところ
つち いきものがいるところ
そら ものがかえるところ

沈黙の中にある、ほんとのこと。
ありのままの「もの」をたどるイメージ、記憶、言葉たち。私たちはどこから来て、どこに行くのかを知ろうとすること。

Part 1:
In my attempt to study the true nature of ‘things’ (the whole), I tried to observe it as objectively as I could. But then it circled back, and what emerged on the photographs was the essence of myself. This world is empty. Everything is an illusion – just a reflection of myself. I still see things as human being.

その一:
「もの」の本質(この世界)が、どのように作用しているのかを知ろうとするため、遠くから離れててみる世界は、結果写真の中に現れてくる全ての要素が自分自身になるという所に戻ってくる。全てはまぼろし、自身の反映に過ぎない。そしてこの世界は、からっぽ。私はまだ人間の目でものを見てる。

A Thing Exhibition at Kyotographie KG+
Live performance by MAMIUMU